「建て方」とは何?H様邸の建て方を行いました!

メニューを開く

Blog

ブログ

現場の様子

その他

2020/12/01

「建て方」とは何?H様邸の建て方を行いました!

「建て方」とは何?H様邸の建て方を行いました!

こんにちは。先日、H様邸の建て方を行いました。
次々と柱が立ち、梁がかけられ、
お家の骨組みが組み上がりました。

建て方のイメージ

さて、このブログでもたびたび登場する「建て方」という言葉。
どんなことをするのかな?「上棟」と違うのかな?と
疑問に感じている方も多いと思います。
今回は、改めて「建て方」についてご説明いたします!

建て方とは?

建て方のイメージ

基礎の上に、柱や梁などの構造材を組み立てることで、
棟上げ(上棟)までの作業のことを指しています。

棟(むね)というのは、棟木(むなぎ)のことで、
構造の最上段に使われる横架材です。
棟木を組み上げるので、棟上げ・上棟というのですね。

上棟と建て方の違いは?

建て方のイメージ

「上棟」も「建て方」も、
建築工事の内容としては同じ作業を指しています。


上棟には、建築儀礼の意味合いが含まれています。
上棟式は、はじめて家の形が表れたところで、
神様に工事が順調に進んでいることに感謝し、
無事完成することを祈るものです。

一方、建て方は、工事の作業内容を指しているんですね。
近年は、上棟式をすることはほとんどなくなっていますので、
建て方との違いがますますなくなってきているようです。

建て方の注目ポイントは?

建て方のイメージ

建て方では、現場に加工された木材がどんどん運び込まれます。
クレーン車で吊り上げたり、大工さんの掛け声があったりと、
とても活気づきます。
 

建て方は、建築の規模や状況で変わりますが、
たいてい1日ほどで、一気に家の構造ができあがります。
1日でそこまで!?と思われる方もいらっしゃるかと思います。
最近では、あらかじめ加工をされた材料が入ってくるので、
たいてい1日で完了するのです。



お施主様にとっては、家の形もハッキリとして、
目に見えて「家ができるんだ!」と実感できる瞬間です。
その迫力や、大工さんの無駄のない動き・技術を目の当たりにし、
忘れられない思い出に残る日になると思います。

Contact

お問い合わせ・ご相談はお気軽に

0120-291-462

ホームページを見て電話しました! とお伝えください。
  • 来店予約 ショールームについて見学予約はこちら

  • イベント情報 どなたでも気軽にご参加ください

  • お問い合わせはこちら ご相談ご質問

ホームページを見て電話しました! とお伝えください。

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2019 株式会社波多野工務店. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd .ABABAI.