波多野工務店は建物で
介護・障がい福祉に貢献します

高齢者施設 高齢者

高齢者・障がい者施設を開設してみませんか

          

高齢者の住まいは需要の増加で空室リスクが少ない

世界的にも例を見ない速度の超高齢化、増加し続ける要介護認定者、病床の削減。今後の需要の拡大が望める有望な市場と言えるでしょう。

      

障がい者の住まいが圧倒的に不足しています

障がい者の自立支援を促す動きで、障がい者の住まいが足りていません。障がい者のご家族の高齢化もあり、住まいの整備が急務です。

節税効果も高く地域貢献に繋がる

高齢者、障がい者施設は所得税、相続税などの税制優遇もあり、社会に求められてるいる事業です。高齢者、障がい者施設を増やすことは地域への貢献に繋がります。


波多野工務店は総合力でお客様のご要望にお応えします

多角化経営

企業経営者様の次なる事業戦略アドバイザーとして

新たな事業展開を模索する企業経営者様へ
高齢福祉事業での成功のカギは、ハコモノ戦略にあります。

事業拡大

現状維持体質から脱却し、攻めの経営を目指す

介護保険制度が始まってから、間もなく20年が経とうとしています。保険制度の改正や、時代のニーズが、時代のニーズがめまぐるしく移り変わり行く中、現状維持から脱せない企業は淘汰されてきました。経営者は決断業です。立ち止まっている暇はありません。今こそ事業を拡大すべき事業を拡大すべきと貴方が感じた時いつでも側で波多野工務店が支えていきます。

建替え

建て替えまで考えた事業戦略をご提案します。

どんな頑丈の建物も、いずれその役割を果たし終える時がやってきます。
それと同時に、新しい価値を価値を創造するタイミングでもあるのです。

障がい福祉事業への参入

企業経営者様の次なる事業戦略アドバイザーとして

国内では高齢者以上に障がい者の住まいが足りないという実態があります。
身体・知的・精神障がい者は約800万人、全人口の6%に相当します。これからは介護と障がいの一本化経営が叫ばれる中、波多野工務店は新築木造の障がい者グループホームのご提案をいたします。

投資

収益性より、安心・安全・確実性を求める投資家様へ

全国の投資家様が介護や障がいの分野における投資が積極的です。人口減、少子高齢化の時代に比較的安定した需要と需要と健全な収益を求めているからです。成功のための最大のカギを握るのは、介護者等の運営事業パートナー。波多野工務店は、安心安全な事業者をご紹介いたします。

改修

ライフスタイルコストという視点があるか

どんな建物も、時が経つにつれ劣化していくものです。
大切なことは、ライフスタイルコストの視点。改修や解体費用を見越した事業収支を収支を見込んでおくことです。

電話にて相談・お問い合わせする

0800-200-8871
セミナー・イベント情報
セミナー6月12日

6月12(金) 終了しました

新築10室で建てる!!障害がい者グループホーム

愛知県犬山市、犬山国際観光センターにて「新築10室で建てる!!障害がい者グループホーム」を開催いたします。
株式会社船井総合研究所のコンサルタントが、障害がい者グループホームについて徹底解説。

詳細はこちら

TOP